アプリの「通知が来ない」問題改善へ?Googleがアプリ開発者にOEMがバックグラウンドアプリをキルする問題についてアンケート実施

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Androidスマートフォンで特定アプリからの通知が来ない、表示されない、通知音が鳴らない、といった問題。

スマートフォンユーザーにとって最も一般的なトラブルの一つと言っても過言ではなく、国内ではユーザー数の多いLINEアプリ、またGmailなどでの報告も多く見られます。

そんな中、Googleがこの問題の改善につながりそうな興味深い動きを見せているようです。

GIZMOCHINAが伝えたもので、これによると、Googleは最近、Google Playストアにアプリを提供しているアプリ開発者に対して「アプリ制限に関するアンケート」と題するアンケートを実施。

アプリ開発者に対して、バックグラウンドで強制的にタスクを終了するファームウェアを搭載しているOEMについて尋ねる内容となっています。

確かに国内のLINEの「通知が来ない」問題一つをとっても、メーカーや機種によって報告数に大きくバラツキがあり、同じOSバージョンでもファームウェアによって発生範囲が異なる、という印象を受けます。(国内では中国メーカーで通知が来ない問題の報告が多いように思えます。)

ちなみにこのアンケートではOEMの名前として:

Google Pixel
OnePlus
Oppo
Samsung
Transsion
Vivo
Xiaomi

が上がっていますが、どういった基準でこれらが選ばれているのかは不明。
ただ少なくとも市場シェア順でないことは確かです。

一方、バックグラウンドアプリのタスクキルはスマートフォンのバッテリー持ち向上というメリットもあるわけで、一概に「悪」とは言えません。

その辺のバランスが難しいところですが、少なくともユーザーがOEMのファームウェア仕様に関わらず「このアプリの通知だけは最優先で」といったように分かりやすくアプリ側で設定できるようにして欲しいものです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。