iPhoneのGoogleフォト無制限「優遇」は”バグ”と判明

スポンサーリンク

Googleの提供する写真アプリ、Googleフォトでとっとした騒ぎが起きているようです。

これまでの経緯として、まず事の発端は昨日。

Googleフォトは無料プランの場合、アップロードできる写真は圧縮されるため、オリジナル解像度の写真を保存したい場合は、有料のストレージプランを申し込む必要がある”ハズ”です。

ところが海外掲示板、Reddit上での投稿でGoogleフォトに、iPhoneで撮影した写真を無料で元の解像度のまま無制限に保存できることが判明。

これについてはHEIFというiPhone特有の画像保存形式が関係しており、HEIFはすでにGoogleフォトの「高画質」よりもデータサイズが小さいため、オリジナル画質で保存した方が全体のファイルサイズが少なく済むため、というのが理由と言われていました。

しかしこの件についてAndroid Policeが新たな情報を伝えていました。

We reached out to Google for comment and got a confirmation that indeed, pics captured as HEIC/HEIF aren’t compressed and aren’t charged against Photos’ quota. A Google spokesperson told us: “We are aware of this bug and are working to fix it.”

同サイトがGoogleに確認したところ、HEIC/HEIF画像が無制限にGoogleフォトに保存できることは事実として確認されたものの、”この件については認知しており、このバグは現在修正中”という返答があったとのこと。

つまり、先述のように一見合理的で仕様に見える「無制限」ですが、実はバグ、ということ。

ただ、現状でこのGoogleによる修正でGoogleフォトに保存される画像がJPEGの高画質に変換されるようになるのかなどは不明とのことです。

一方、Googleが発表したPixel 4では、Googleフォトを無制限で利用できる特典が廃止されています。

タイミングがタイミングだっただけに、Google純正のPixelでもできないことがなぜiPhoneでは優遇されているのか、という不満の声が上がっていました。

ソース

コメント