iOS 13で充電が遅い・バッテリー残量が増えないのは不具合・・・ではありません

昨日、iPhone 11シリーズの発売と同時にリリースされたiOS 13アップデート。

不具合やバグについてはかなり出し切られてきたという印象で、純正の写真アプリが高速スクロールすると落ちるといった報告はあるものの8割方はiOS 13への未対応が原因のサードパーティーアプリで発生しているもの、といった印象です。

一方、Twitter上などでiOS 13アプデ後の「不具合」として散見される報告で多いのが、バージョンアップ後にバッテリーの充電が極端に遅くなった、もしくは充電が一定の残量レベルから増えない、という症状。

ただこれはどうやら不具合でもなんでもなく、iOS13搭載された新機能が原因のケースが大半のようです。

ご存知のように、iOS13では「最適化されたバッテリー充電」という電池の充電速度をシステムが調整する機能が搭載されています。

これは夜間など就寝時の充電の際に残量が80%まで増えたところで一旦充電を停止

ユーザーが起きてiPhoneを使い始めるであろう2時間前からゆっくりと充電を再開し、起床時にちょうど100%で充電完了する、という仕組みです。

例えば、毎朝6時に規則正しく起きる、という方の場合、まずiPhoneがそれを学習。
この場合は朝4時までは80%の充電状態のままとなり、4時~6時にかけて100%まで充電します。

これ、要はバッテリーが100%の状態にある時間をできるだけ短くすることでバッテリーの劣化を防ぐ、という機能。
Xperiaでは数世代前から搭載されている「いたわり充電」のiPhone版といったところでしょうか。

ただ、不規則な生活をしている場合や、いつもは規則正しい生活をしていてもたまたまペースがずれた時などは充電が完了しておらず、「充電が異常に遅い」もしくは「充電が進まない」となってしまうわけです。

もちろん、本当に充電周りに不具合が発生しているというケースもあるとは思います(大抵はケーブル不良ですが)が、iOS 13アップデート直後に、という場合はほとんどがこれが原因と思ってよいと思います。

「最適化されたバッテリー充電」はデフォルトではオンになっており、朝起きたら必ず100%充電にしたい、という方もいると思います。

そういった場合は電池の劣化は早くなりますが、この機能をオフにすることも可能。

「設定」→「バッテリー」→「詳細」→「最適化されたバッテリー充電」

コメント

  1. 山城 より:

    時間内にタッチ(連打)して遊ぶゲームでは、タッチがついて来ない。点数取れない