最新moto、「moto g50」「moto g100」が正式発表、日本でのリリース予定はなし

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今世代からネーミング・ルールが変わり、基本的にはスペック低→高でmoto g10→g100となったモトローラのmotoシリーズ。

同シリーズのちょうど真ん中、そして最上位モデルとなるmoto g50とmoto g100が正式に発表されていました。

moto g100のスペック

  • ディスプレイ:6.7インチ、90Hzリフレッシュレート、FHD+ (2520 x 1080)、LCD、21:9
  • OS: Android 11
  • CPU: Snapdragon 870
  • メモリ:8GB (LPDDR5)
  • ストレージ:128GB
  • mircroSDスロット:あり
  • イヤフォンジャック:あり
  • リアカメラ:
    64MP, 1/2″ , f/1.7 0.7µmm, Quad Pixel (1.4µm)
    16MP 超広角 (117°FOV), マクロビジョン, f/2.2 1.0µm, リングフラッシュ
    2MP 深度カメラ, f/2.4, 1.75µm
    TOF アドバンス・レーザーフォーカス
  • フロントカメラ:
    16MP, f/2.2, 1.0µm, Quad Pixel (2.0µm)
    8MP 超広角 (118° FOV), f/2.4, 1.12µm
  • バッテリー:5000mAh、20W充電
  • サイズ:168.38 x 73.97 x 9.69mm
  • 重量:207g

moto g50のスペック

  • ディスプレイ:6.5インチ マックスビジョン、90Hz、HD+ (1600×720) | 269 ppi, 20:9、IPS
  • CPU:Snapdragon 480 5G
  • メモリ:4GB RAM
  • ストレージ:64GB/128GB
  • バッテリー:5000 mAh、15W充電
  • リアカメラ:
    48 MP | 1.6 µm | f/1.7 | Quad Pixel
    5 MP Macro Vision | 1.12 µm [f/2.4]
    2 MP depth sensor | 1.75 µm [f/2.4]
    シングルLED flash
  • フロントカメラ:
    13 MP | 1.12 µm [f/2.2]
  • サイズ:164.9 x 74.9 x 8.95 mm
  • 重量:192 g
  • カラー:Steel Grey、Aqua Green

両モデルともかなり前から色々なリーク情報がでており、これといってサプライな内容はありません。

いずれも2021年の最新チップですが、Snapdragon 870はSD865/856+の事実上のアップグレード版。

一方、Snapdragon 480についてはクアルコムの400番台チップとしては初めての5G通信対応チップで今後も同チップを搭載したミッドレンジ、エントリーモデルは他にも増えてくると思われます。

価格はmoto g50が230ユーロ(約3万円)、moto g100が500ユーロ(6.4万円)とのこと。

一方、発売予定ですが、すでに国内リリースが確定しているmoto g10およびg30については「アジア」とありますが、moto g50およびg100に関しては「アジア」がリリース対象に入っていません。

もちろん今後予定が変更され発売国・地域が追加されると言う可能性はあると思いますが、今のところはこのmoto g50およびmoto g100の日本での発売予定はなし、とみておいた方が無難なようです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。