SD765搭載のアッパーミドル機種、Motorola Edgeの実機画像とスペックがリーク

Snapdragon 865を搭載し、モトローラとしては3年ぶりのハイエンドモデルとなるMotorola Edge+。

すでに米国ではベライゾンが取り扱うことが判明しており、あとは正式発表を待つばかりとなっています。

しかし今回、このMotorola Edge+の下位モデルでミッドレンジのMotorola Edgeのものとされる実機画像およびスペックがリークされていました。

Motorola Edge+同様、モトローラ機種としては初めてとなる画面が側面まで大きくカーブしたウォーターフォールディスプレイ。

トリプルカメラ搭載で一番下の丸い部分にはLEDライトとレーザーオートフォーカス用センサーが搭載されているとのこと。

個人的にはXperia 1 IIが久々にカッコいい!と感じさせるデザインで非常に気になっているのですが、このMotorola Edgeも結構セクシーな気がします。

ただ、エッジディスプレイは結構使いにくいという声も多いので、人によってはこれは大きなマイナス点ともなりそう。

なお、このMotorola Edgeのスペックは:

・型番:XT2063-3

・ディスプレイ:6.67インチ、2340 x 1080p (19.5:9)、ウオーターフォール・カーブディスプレイ、90Hzリフレッシュレート対応

・CPU: Snapdragon 765

・メモリ:6GB RAM

・ストレージ容量:128GB

・microSDカード:対応

・リアカメラ:64MP + 16MP + 8MP

・フロントカメラ:25MP

・バッテリー容量:4500mAh

・ワイヤレス充電:非対応

・3.5mmイヤフォンジャック:あり

・ディスプレイ内蔵指紋センサー

なお、ここには記載されていませんが、同機種がSD765搭載ということはほぼ確実に5G通信対応、ということに。

よってMotorola Edge+と同様にモトローラとしては初の5Gモデルということになります。

ソース

おすすめ記事:
Xperia 1 IIのメモリ・ストレージ規格は?→ソニー「まだ不明」