Motorola 2年ぶりハイエンド、Motorola Edge+のレンダリング画像がリーク

モトローラの未発表モデル、Motorola Edge+のレンダリング画像がリークされていました。

トリプルカメラ搭載のようですが、カメラレンズ、特に一番上のものがかなり大きく見えます。

Xperia 1 II同様、ハイエンドにもかかわらずイヤフォンジャックは搭載。

一番下の望遠?カメラがかなり出っ張ているのが分かります。

このカメラの出っ張りはちょっと気になりますが、全体的にはかなり洗練されたデザインという印象ではないでしょうか。

なお、このMotorola Edge+のサイズは161.1 x 71.3 x 9.5mmでカメラ部分を入れると11.5mmとのこと。

その他のスペックとしてはスクリーンが6.67インチのカーブディスプレイでFHD+、90Hzリフレッシュレート対応。

CPUはSnapdragon 865搭載で当然5G通信に対応。メモリは8GB/12GB RAMとのことです。

このMotorola Edge+、今のところ米国ベライゾンが取り扱うことが確実となっていますが、他のキャリアやSIMフリーでのリリース予定は不明。

ちなみにモトローラ製スマホは2018年に当時周回遅れのチップSnapdragon 835を搭載のmoto Z3をリリースしていますが、それ以降、SD845およびSD855を搭載したハイエンドモデルはリリースしていません。

よって、チップとしては2世代ぶりにSnapdragon 8XXシリーズを搭載したフラッグシップをリリース、ということになります。

Xperia 1 IIが発売前に大幅「値下げ」の可能性、国内版もまさかの11万円台?