サムスン、一部のGalaxy Aシリーズも3回のAndroid OSアップデート提供対象に

先日の新製品発表イベント、「Unpacked」でGalaxy Note 20シリーズやGalaxy Z Fold 2などを発表したサムスン。

同社はこの発表イベント中で、Galaxy S10シリーズ以降のフラッグシップに3回のAndroid OSアップデートを提供することを約束しました。

メジャーOSアップデート2回が機種が大半を占める中で、この発表はかなり好意的に受け止められた模様。

しかし今回、この「Android OSアップデート3回保証」がハイエンドモデルだけではないという情報がでてきました。

GIZMOCHINAが韓国のユーザーとサムスンのカスタマーサービスのやり取りの内容を伝えたもので、これによるとGalaxy S10以降にリリースされたGalaxy Aシリーズの上位モデルについては3回のOSアップデート提供対象になる可能性がある、とのこと。

つまり、昨年のGalaxy A90やA80、また、今年のGalaxy A91やA81あたりはAndroid13までアップデート提供の可能性が高いということになります。

ただ、国内で販売されている、もしくはされていたGalaxy Aシリーズはミッドレンジの中でも比較的「ローエンド」よりの機種ばかり。

よって、国内のGalaxy Aシリーズ・ユーザーにはあまり関係のない話かもしれません。