Huaweiスマホ35機種のAndroid 10アップデート提供時期が判明、P30 Liteは来年に

米政府による対ファーウェイ禁輸措置。

この影響でMate 30シリーズなどの今後の新型モデルについてはGoogleライセンスを受けることとができず、その結果、Google PlayストアやGoogle系アプリ・サービスは非搭載となることがすでに決定的ととなっています。

一方、既存機種については今後もGoogleからのライセンスを受け続けることができ、Android OSのアップデートやPlayストアなどのも利用し続けることが可能になりそうな雰囲気。

そんな中、ファーウェイがその既存機種30モデルへのAndroid 10、EMUI 10へのアップデート提供時期を明らかにした模様です。

Huawei製スマートフォンのAndorid 10アップデート提供時期

Huawei P30 – 2019年11月
Huawei P30 Pro – 2019年11月
Huawei Mate 20 – 2019年12月
Huawei Mate 20 Pro – 2019年12月
Huawei Mate 20 RS – 2019年12月
Huawei Mate 20X (4G) – 2019年12月
Honor 20 – 2019年12月
Honor View 20 – 2019年12月
Honor 20 Pro – 2019年12月
Huawei P30 Lite – 2020年3月
Huawei P20シリーズ – 2020年3月
Huawei Mate 10シリーズ – 2020年3月
その他のモデル – 2020年第2四半期

国内でおそらく一番売れていると思われるHuwei P30 Liteのアップデートは来年3月。

一方でドコモが今月13日にリリースすることが確定したP30 Proは11月と、国内で販売される機種としては最初にAndroid 10を搭載する、ということに。(もちろんドコモ版が11月にリリースとは限りませんが)

なお、Huaweiブログが同社のソフトウェア部門代表のChenglu Wang氏から得た情報によると、Android 10へアップデートされる機種は合計で35機種とのこと。

ただ、ここに記載されているのは多くても15機種(Huawei P20シリーズ のP20、P20 Pro、Mate 10シリーズのMate 10、Mate 10 Pro、Mate 10 Liteなど)。

ということは、残りの20機種はすべて来年の第2四半期、つまり4月以降のアップデートが提供されるという事になります。

ちなみにNovaシリーズが1モデルもでていませんが、これらはすべて来年の第2四半期以降、ということになるのでしょうか。

また、この感じだと昨年の大人気モデル、P20 Liteについてはアップデート提供自体が微妙、といった感じですね。