Pixel 4 XLのメモリはPixel 3シリーズから一気に2倍に、8GB RAM搭載

2019年版の新型Pixel、Pixel 4シリーズ。

今年もPixel 4とPixel 4 XLという2モデル展開になることが確実となっており、無印のPixel 4については実機画像からスペックまでかなり具体的な情報がすでにリーク済みとなっています。

一方で兄貴分のPixel 4 XLについては比較的情報が乏しい状態。

そんな中、このPixel 4 XLのものとされるベンチマークスコアがGeekbench上で発見されました。

スコアはシングルコアが約2400、マルチコアが約9000と同じSD855搭載のXperia 1やGalaxy S10といった機種と比べると低め。

ただ同様の傾向は昨年のPixel 3/3 XLでも見られたので特に気にする必要はないと思われます。

それよりも興味深いのはメモリで、なんと8GB RAMを搭載していることが分かります。

無印Pixel 4の方はすでに6GB RAM搭載が確定しており、XLも同様と思われていただけにこれはちょっとしたサプライズ。

なお、前シリーズのPixel 3およびPixel 3 XLの搭載メモリは両モデルとも4GB RAMで発売当初はメモリ不足が原因と思われるアプリの強制終了などが問題になったことも。

おそらくこういった事情を踏まえてのメモリ増量だとは思いますが、前モデルから一気に2倍になるというのは意外した。

なお、ほぼ同時期、今年の秋冬モデル新作としてリリースされる国内向けXperia 5は6GB RAM、Galaxy Note 10+は8GB RAMとなります。