Galaxy S20シリーズ「おかえしプログラム」「かえトクプログラム」よりかなりお得、2年以内なら半額で買取保証

スポンサーリンク

サムスンの2020年前半フラッグシップ、Galaxy S20シリーズ

国内ではS20がドコモとauから発売済み、S20+は5月に発売予定となっていますが、米国では現在、かなり魅力的な割引キャンペーンが行われているようです。

具体的には、Galaxy S20シリーズの全モデルで2年以内ならば端末を半額で買取る、というもの。

例えば、Galaxy S20 5Gの米国でのSIMフリー版価格は999ドルですが、2年以内に端末「へ返却」すれば500ドルがキャッシュバックされる、ということに。

つまり、日本風に言うと「実質価格」は定価の半分、ということになります。

ドコモの「おかえしプログラム」やauの「かえトクプログラム」よりかなりお得

このいわゆる「買取プログラム」はある意味日本のユーザーにとっては身近。

例えばドコモの「おかえしプログラム」は36回分の分割支払いのうち、2年後(24回の支払い)の後に端末を返却することで残りの12回分の支払いが免除される、というもの。

つまり、これはドコモが2年後に端末を1/3の価格で買い取ってくれる、ということになります。

一方、auの「かえトクプログラム」 は「残価設定型」と呼ばれる方式で、2年後の買取価格が一括の何割になるか機種によって異なりますが、大体40~42%くらい。

ドコモよりは「買取額」は高いですが、auの場合はauのスマートフォン、ケータイなどへの買い替えという条件が付きます。

一方、このサムスンが米国で展開しているGalaxy S20のキャンペーンはSIMフリーで「実質半額」という事なのでかなり魅力的です。

これ、サムスンのGalaxyに限らず、ソニーのXperia、シャープのAQUOSシリーズなどで同様のことをやればかなりハイエンドモデルの需要もアップするような気がします。

が、キャリアとべったりの日本のスマホ市場の状況からするとなかなか難しいのかもしれませんね。

コメント