AQUOS zero2の弱点バッテリー持ちが判明、sesne3の約半分、フラッグシップ最下位

シャープの新型AQUOSフラッグシップ、AQUOS zero2

機種名が示唆するとおり、このZero2の特徴は何といってもその「軽さ」。

6.4インチで141グラムという軽さはライバル機種にはないものですが、そのトレードオフとして懸念されているのがバッテリー持ち。

そして今回、同機種のau版、SHV47の詳細スペックページにおいて公式なバッテリー持ち時間が公開されていました。

AQUOS zero2のスペック

まずはスペックをおさらい。

AQUOS zero2のスペック

AQUOS zero2スペック
ディスプレイ約6.4インチ OLED
2,340×1,080(FHD+)
フレームレート120Hz
CPUSnapdragon 855
メモリ8GB
ストレージ容量256GB
バッテリー容量3,130mAh
リアカメラ・12.2 MP
6mm, F1.7 (標準)
・20.1MP
18mm, F2.4 (広角)
サイズ74×158×8.8mm
(最厚部 9.5mm)
フロントカメラ8MP
重量約141g
防水・防塵防水: IPX5/IPX8
防塵: IP6X
イヤフォンジャックなし
NFC/おサイフFeliCaチップ
おサイフケータイ
SIMカードシングル
au Nano IC Card 04
microSD非対応
搭載OSAndroid 10
生体認証指紋/顔
カラーアストロブラック
ミスティホワイト
BluetoothBluetooth 5.0

AQUOS zero2の電池持ち

auの測定ではzero2の電池持ち時間は約90時間。

これはめちゃくちゃ悪い、という訳ではありませんが、最近の機種の中ではかなり下の方。

AQUOS zero2のバッテリー持ち比較(AQUOS比較)

 AQUOS zero2AQUOS R3AQUOS sense3AQUOS sense3 plus
電池持ち時間90時間100時間170時間130時間
連続通話時間2,350分1,970分2,820分2,010分
連続待受時間580時間630時間910時間700時間
バッテリー容量3,130mAh3,200mAh4,000mAh4,000mAh
ディスプレイ6.4インチ (OLED)
2,340×1,080
6.2インチ (LCD)
3,120×1,440
5.5インチ (LCD)
2,160×1,080
6.0インチ (LCD)
2,220×1,080

今シーズンのバッテリー持ち王者、AQUOS sense3と比べると2倍近い差があることがわかります。

AQUOS zero2のバッテリー持ち比較(SD855機種比較)

 AQUOS zero2Xperia 5Galaxy Note 10+
電池持ち時間90時間105時間140時間
連続通話時間2,350分1,760分2,520分
連続待受時間580時間410時間420時間
バッテリー容量3,130mAh3,000mAh4,300mAh
ディスプレイ6.4インチ (OLED)
2,340×1,080
6.1インチ (OLED)
2,520×1,080
6.8インチ (OLED)
3,040×1,440

意外なことに、待受け時間では3モデル中トップ。通話時間でもXperia 5よりかなり電池持ち時間が長く、大容量バッテリー搭載のGalaxy Note 10+と大差はありません。

ということはAQUOS zero2は画面点灯時のバッテリー消費が比較的激しいということに。
これはやはり120Hzリフレッシュレートによるところが大きいのかもしれませんね。

おすすめ記事:次期Xperia (2020)のカメラも「IBIS」?iPhone 12に搭載と噂のセンサーシフト式手ブレ補正カメラ

コメント

  1. α より:

    結局AQUOSも日本メーカーなんだなぁって安心した
    日本メーカーのダメな所は無駄に電池とかメモリ・ストレージをケチって要らん機能付加させるとこだからな