iOS13.1.1アプデや復元でのリンゴループ/フリーズ不具合にアップルが公式対処法を紹介

iOS13のリリース以降頻繁に報告がでているアップデートや復元の失敗による「リンゴループ」不具合。

期近ではiOS 13.1.1にアップデートをする際、古いiPhoneからiPhone11シリーズへ移行した際の復元など、発生状況はいくつかあるようですが、共通するのは再起動時にアップルのロゴが出た状態で端末がフリーズ、もしくは再起動を繰り返す「リンゴループ」に陥る、という症状。

この問題についてアップルが公式に対処法を紹介していました。

1時間以上、アップルロゴがでてそこから動かなくなる場合の対処法として紹介されているもので:

1.iPhone の画面に表示されている進行状況バーが 1 時間以上動いていないことを確かめます。

2.進行状況バーに 1 時間以上動きがない場合は、デバイスをコンピュータに接続し、以下の手順にそってデバイスをリカバリモードにします。

・iPhone 8 以降:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。サイドボタンを長押しします。リカバリモード画面が表示されるまでサイドボタンを押したままにします。

・iPhone 7 および iPhone 7 Plus:音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを同時に長押しします。リカバリモード画面が表示されるまで音量を下げるボタンを押したままにします。

・iPhone 6s 以前:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押しします。リカバリモード画面が表示されるまでホームボタンを押したままにします。

このように公式が対処法を紹介するという事はそれだけこの不具合が広範囲に発生している、ということ。

ただ、一旦この症状がでると端末単体での解決はできないという事で、つまり、PC経由でiTuneにつなぐことができない場合は自力でのリカバリは不可能。つまり「プチ文鎮化」ということになるので、ショップになどに持ち込むしか対処方法はないようです。

iOSアップデート失敗や復元失敗にともなう「リンゴループ」は前例がないわけではありませんが、ここまで報告が多いのは過去になかったと思います。

iOS13、いったいどうしちゃったのでしょう。