Androidのアプリの更新が頻繁すぎる問題について、スマホのバッテリー消費の意外な原因にも?

アプリの更新が頻繁過ぎる、そんな風に感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

特にAndroidアプリはiOSアプリと比べてアップデート頻度が高い、とも言われています。

日本のスマホユーザーが端末にインストールしているアプリの平均は80個程度と言われています。

これはおそらくGoogle系のネイティブアプリ、メーカーがプリインストールしているアプリも含めて、だとは思いますが、これらもある程度の期間ごとにアップデートをされるという点は変わりません。

一方、有名どころのアプリの更新頻度は平均で月に1~4回と言われており、ゲームアプリでは平均8回、とまでも言われています。

つまり、Androidでは月に80~320回もアプリのアップデートがあり、一日平均で最低2つ、多い場合は10個以上のアプリがアップデートされるという計算になります。

頻繁なアプリのアップデートへの対処法

アップデートはうっとおしいけど、セキュリティーのアップデートなど重要なものが入っている場合も。なのですべて手動でアップデート、というのは不便という場合も多いと思います。

ただ、アップデートは必要なものだけにしたい、という部分もあるはず。

特定のアプリだけを自動でアップデートする方法

日常的に使うアプリは限られており、あとはめったに使わない、という方におすすめ。

まずはすべての自動更新をしないように設定します。

1.プレイストアを起動

2.左上のメニューボタン→「設定」

3.「アプリの自動更新」→「「自動更新しない」」を選択

次に特定のアプリだけを自動でアップデートする設定をします。

4.プレイストアのメニューボタン→「マイアプリ&ゲーム」

5.「インストール済み」→自動更新したいアプリを選択

6.左上のメニュ(縦3つのドット)→「自動更新の有効化」にチェック

特定のアプリだけを自動でアップデートしない方法

大部分のアプリは日常的に使用するので常に最新にしたい、でもあまり使わないがアップデートファイルのサイズがやたらと大きいもの(特にゲームアプリ)などが幾つかある場合などにおすすめ。

まずはすべての自動更新をするように設定します。

1.プレイストアを起動

2.左上のメニューボタン→「設定」

3.「アプリの自動更新」→「ネットワークの指定なし」もしくは「Wi-Fi経由のみ」を選択
*データ通信量を抑えるため「Wi-Fi経由のみ」を選択することをおすすめします。

次に特定のアプリだけを自動でアップデートしないように設定をします。

4.プレイストアのメニューボタン→「マイアプリ&ゲーム」

5.「インストール済み」→自動更新したくないアプリを選択

6.左上のメニュ(縦3つのドット)→「自動更新の有効化」のチェックを外す

アプリ更新の際のバッテリー消費を少しでも抑える方法

ご存知のようにスマートフォンで一般的に一番バッテリーを消費するのはディスプレイです。そしてAndroidスマートフォンの場合は、デフォルトだとアプリのアップデート通知が来ると画面が点灯し、これが意外なバッテリー食い虫。

よってこの通知を来なくするようにする方法は:

1.Playストアのメニュ→「設定」

2.「通知」→「アップデート」と「自動更新」のトグルをオフに

これでアプリのアップデートある際、また、アプリの自動更新が完了した際の通史が来なくなり、画面も点灯しません。

コメント

  1. ななし より:

    良いことだと思うんだけどレビュー欄で批判されてたりするよね
    自動更新派なのかな