Huawei Mate 30 Proのカメラ評価、DXOMarkで初の120ポイント超えの単独トップ

ファーウェイが先日公式発表した新型フラッグシップモデル、Huawei P30 Pro。

クアッドカメラを搭載したこの最新モデルのカメラ評価がDXOMark上に掲載されていました。

カメラの総合評価は121ポイント。

他機種と比較すると:

Mate 30 Proは初の120ポイント台獲得で既存機種単独トップのカメラ評価ということに。

内訳をみると:

静止画の評価が非常に高く、特にオートフォーカスや露出調整に優れている模様です。

ちなみにMate 30シリーズは本来ならばMate 20シリーズの後継機、今年の秋冬モデルとして 国内展開されるはずです。

ただ、このMate 30シリーズは米政府による対ファーウェイ禁輸措置によりGoogleからのライセンスを得ることができないため、Google PlayストアやGmail、YoutubeといったGoogle系アプリ・サービスも非搭載でリリースされることが確定しています。

よって、今後禁輸措置が解除・緩和されれば話は別ですが、そうでなければ国内でのリリースはほぼ絶望的といって良いと思います。