au版のGalaxy S21+、SCG10がFCC認証を通過、ドコモ版は未通過

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サムスンの2021年新型フラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

国内でもドコモ版やau版が複数の認証を通過していますが、今回、この中のau版、Galaxy S21+と思われるモデルが米国の認証機関、FCC認証を通過していました。

なお、auの無印Galaxy S21、SCG09については1週間ほど前にFCCを通過しています。

よって、このタイミングで行くとauのGalaxy S21とS21+はほぼ同時、遅れても1週間程度の差でリリース、ということになりそうです。

ただ、ちょっと気になるのはauの無印Galaxy S21はドコモ版のSC-51Bと同時にFCC認証を通過していますが、今回のGalxy S21+についてはau版のみが単独で認証を通過しています。

今のところ、ドコモが取り扱う新型GalaxyはSC-54B、つまり最低でも4モデル存在することが確認されていますが、ひょっとすると同社はGalaxy S21+は取り扱わず、S21とS21 Ultra、そしてミッドレンジを2モデルと言った可能性もありそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。