ソニー製の世界初1インチカメラセンサー、IMX800が4月にリリース、Huawei P50シリーズに搭載か

スポンサーリンク
スポンサーリンク

米政府による禁輸制裁措置でスマートフォン事業がピンチのファーウェイ。
国内でもXiaomiやOppoに押され存在感の薄れてきているHuawei製スマートフォンですが、今年もフラッグシップ、Huawei P50シリーズは予定通りリリース予定の模様。

今回、このHuawei P50に搭載のカメラセンサーに関する興味深い情報がでてきました。

世界初の1インチカメラセンサー、ソニーIMX800が4月に登場

まず、Twitter上の有名リーカー、Teme氏によると、ソニーは4月にスマホ向けとしては世界初となる1インチのカメラセンサー、IMX800をリリースする、とのこと。

大型カメラセンサーと言えば、先日、サムスンが1/1.12インチのISOCELL GN2を発表したばかり。

このセンサーはXiaomi Mi 11 Ultraに搭載される予定とのことでしたが、このIMX800はこれを上回るサイズ、ということになります。

また、これについて最初に伝えたPoket-lintによると、このIMX800はファーウェイの最新フラッグシップ、Huawei P50に搭載される可能性が高いとのこと。

同社の昨年のHuawei P40シリーズは1/1.24インチセンサー、IMX700を搭載しており、このIMX800は同センサーの後継モデル、という事の模様です。

P50シリーズもP50、P50 Pro、P50 Pro+の3モデル展開になる模様

なお、今回の情報ですが、提供者はかなり過去に正確な情報を提供しているトラックレコードがあるので、今回の情報もただの噂ではないと思われます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。