Motorolaが「タフネススマホ」リリースへ!英国Bullitt社が生産

スポンサーリンク
スポンサーリンク

衝撃、水、ほこり、温度、振動などに対する強い耐久性能が特徴の「タフスマホ」あるいは「タフネススマホ」。

日本では山登りなど、アウトドア愛好家にユーザーが多いためか「山スマホ」とも呼ばれているようで、決して主流機種となることはないものの根強い需要がある、という印象です。

そして今回、Motorolaから新型「タフネススマホ」がリリースされる可能性が出てきた模様です。

Android Policeが伝えたもので、これによると英国のBullitt社がMotorolaのライセンス使用を取得し、同社がモトローラのブランド名でタフネススマートフォンをリリース予定とのこと。

Bullittは高耐久性スマートフォンのメーカーで、海外では建設機器メーカーとして知られる「CAT」のブランド名でもタフスマホを展開しています。

また、過去にはKodakやBlackberryのブランド名でスマートフォンを展開したこともあります。

一方、ご存知のようにモトローラは中国のLenovo傘下のブランドで、「Motorola」を冠するスマホも「Moto」シリーズも実際にはLenovoが生産しています。

一方、今回のタフスマホはMotorolaは冠するものの実際の生産はBullitt社とのこと、つまりおそらく同社初のLenovo製ではないモトローラ・スマートフォンということになります。

国内でタフネススマホ、と言えば京セラのTORQUEシリーズくらいしかありませんが、今回は一応」モトローラ・スマホ」とのことなのでひょっとすると国内展開もありそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。