Exynosが念願のSnapdragon超え?Exynos 2100搭載のGalaxy S21はSD888以上のベンチマークスコア

スポンサーリンク

1月14日に正式発表となるサムスンの次期Galaxyフラッグシップ、Galaxy S21シリーズ。

同シリーズには国・地域によってクアルコムのSnapdragon 888を搭載したバージョンとサムスンの自社製チップ、Exynos 2100を搭載したバージョンが展開されます。

両チップを搭載したGalaxy S21シリーズは過去にすでにベンチマークスコアが発見されていますが、今回、Exynos2100を搭載したGalaxy S21+やS21 Ultraの新たなスコアが複数発見。

以前よりも大幅にスコアがアップしていることが判明しました。

これは12月19日付のGalaxy S21+のGeekbenchにおけるベンチマークスコア。

シングルコアは1089ポイント、マルチコアは3617ポイントなっています。

ちなみに以下はこれまでに発見されているExynos 2100搭載版Galaxy S21シリーズのベンチマークスコア一覧。

最初にExynos 2100搭載Galaxy s21のベンチマークスコアが発見された12月15日から徐々にスコアがアップしています。

そして以下はこれまでに見つかっているSnapdragon 888搭載版Galaxy S21シリーズのベンチマークスコア。

こちらは最後の測定結果が12月13日と多少古いですが、平均スコアは3200前後。中には200ポイント台とSD865以下のものも複数あります。

つまり、現時点ではExynos 2100搭載のGalaxy S21シリーズのベンチマークスコアはSnapdragon 888搭載版よりも高い、ということに。

ただ、先日のクアルコムの公式発表ではSnapdragon 888のGeekbenchにおける「公式」ベンチマークスコアは3800近くとなっています。

よって、SD888搭載版のGalaxy S21シリーズのスコアも今後チューニングが進むにつれて上昇する可能性は十分にあると思われます。

ただ、今回のGalaxy S21シリーズでは少なくとも過去数世代のSnadraon 800番台搭載版とExynos搭載版のようにベンチスコアで何割もの大きな性能差がある、という事はなさそうです。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。