Androidの機種変がより「便利」に、優先度の高いアプリから移行

スポンサーリンク

新しいAndroidスマートフォンを購入した際にまずユーザーが行うのは旧モデルからのデータやアプリの移行。

最近ではGoogleアカウントを使ったアプリの同期を使ってかなり簡単、というかほぼ全自動で移行が可能になっています。

そして今回、今後、このAndroidスマートフォンでの一部アプリの移行がさらに迅速になる可能性がでてきました。

優先度の高いアプリ移行が高速化

XDAが伝えたところによると、Googleのエンジニアは現在“install hints” と呼ばれる新機能を開発中とのこと。

これは新しいスマートフォンにアプリをインストールする際に、コンパイラーをDEFAULT、FAST、 BULK_CRITICAL、 BULK_NON_CRITICALの4つに分けるとのこと。

難しい技術的な説明は置いておいて(理解できません・・・)、要はGoogleアカウントを使って古い端末に入っていたアプリを新しいAndroidスマートフォンに移行する際にこの優先順位が付けられたものから順にダウンロード/インストールされるということ。

これにより旧端末でよく使われていた「重要」とされるアプリは新端末でもいち早く利用が可能になるという事のようです。

GmailやChrome、Youtube、Googleマップと言ったGoogle純正アプリはどのAndroidスマホにもデフォルトでインストールされているので関係なさそうですが、例えば旧端末でLINEを頻繁に使用していた場合はこれを「優先順位の高いアプリ」として優先的にインストールされるため、全ての移行・バックアッププロセスが終わる前に使用可能になる、ということのようです。

【公式】XperiaのAndroid 11アップデート時期と対象機種が発表、12月にXperia 1 IIから
XperiaスマートフォンのAndroid 11アップデート時期および対象機種が判明しました。XperiaのAndroid 11アップデート提供時期と対象機種・Xperia 1 II:12月~・Xperia 5 II: 2021年1月下旬~

コメント

  1. sage より:

    いまいち的が外れている。
    どのアプリを先に使えるようにしたいかは、スマホ利用者によって違う。
    アプリ開発者が決める属性によって先に使えるようにするのは意味がない。

    >DEFAULT、FAST、 BULK_CRITICAL、 BULK_NON_CRITICAL
    アプリ製作者が決める事

    >「重要」とされるアプリは新端末でもいち早く利用
    スマホ利用者が決める事

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。