朗報?Galaxy Note 20のディスプレイは「フラット」が確実に、Note 20 Ultraは「微妙」

サムスンの2020年後半フラッグシップ、Galaxy Note 20シリーズ。

今のところの情報ではGalaxy Note 20とGalaxy Note 20 Ultraという2モデル展開(「+」は存在しない可能性大)で、8月5日前後の正式発表、同月下旬のリリースが濃厚と言われています。

そんなGalaxy Note 20のデザインについて一つ「確認情報」がでてきました。

Galaxy関連のリーク情報では屈指の正確性を誇るIce universe氏からのもので、これによるとGalaxy Note 20のスクリーンはフラットになる、とのこと。

Galaxy Note 20の外観についてはすでに信頼性の高いレンダリング画像もリーク済みで、今回の情報はこれを確認する情報といえそう。

ただ、ちょっと気になるのはGalaxy Note 20の大型版となるGalaxy Note 20 Ultra/+について。

こちらもすでにレンダリング画像がリークされていますが、画像を見る限り、ディスプレイは若干湾曲しているように見えます。

よって、ひょっとすると今回のNote 20シリーズではサイズだけでなくディスプレイ周りのデザインも異なる、という可能性も。

カーブ・スクリーンについては「イヤだ」「気にしない」という方は結構いると思いますが、逆に「カーブしていないとイヤだ」というユーザーはほとんどいないような気が。

よって、このGalaxy Note 20シリーズの画面がフラットでも、これ自体が特にマイナス要素となることはないように思えます。