Xperia 5 IIのディスプレイ評価、Galaxy Note 20 UltraやiPhone 12 Proには遠く及ばず

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソニーモバイルの最新Xperiaフラッグシップ、Xperia 5 II

一般的にXperiaフラッグシップのディスプレイの画質評価は高く、このXperia 5 IIも全体的な評価は上々、といったところ。

そんな中、カメラ評価で有名なDXOMarkがこのXperia 5 IIのディスプレイ評価レビューの結果を掲載していました。

スコアは78ポイント。

DXOMarkのディスプレイクオリティー評価は最近始まったばかりで、まだ評価済みの機種は数える程度ですが、他モデルと比較すると:

iPhone 12 Pro/Pro MaxやGalaxy Note 20 Ultraといった同世代モデルには完敗
昨年のiPhone 11 Pro Maxとも大きな差が付けられています。

ただ、ポジティブな点としてはディスプレイの画質を売りにしていたOppo Find X2 Proには僅差で勝っている、という点。

内訳を比較してみると:

Xperia 5 II↓


Galaxy Note 20 Ultra↓

Readability (文字などの見やすさ・読みやすさ)およびタッチ感度で大きな差を付けられています。

タッチ感度については「画質」とは無関係なのでここではおいておくとして、Readabilityについては以下の画像を見ると確かに、という感じ。

左からXperia 5 II、Galaxy Note 20 Ultra、Oneplus 8 Pro、Xiaomi Mi 10 Ultra

設定などは不明ですが、確かにXperia 5 IIのものは暗くて見難いという印象です。

ちなみに兄弟モデルのXperia 1 IIについては各所で画面が最大輝度でも暗い、という評価がありましたが、Xperia 5 IIはそれと比べると明るい画面のはず。

それでもこれだけの差があると言うのはちょっと意外です。

なお、同サイト上にはまだXperia 5 IIやXperia 1 IIのカメラ評価は未掲載ですが、先日の情報では現在「作業中」との公式コメントがあったので、近々公開されるのではないかと思われます。

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。