Androidの位置情報を”完全”にオフにする方法、「ロケーション履歴」ではダメ

最近特に取りざたされることが多くなってきたスマートフォンなどでの個人情報問題。

特にAndroidスマートフォンのユーザーにとってGoogle系サービスを一切使わずに端末を使うことはほぼ不可能といっても過言ではないと思います。

しかし、スマートフォン普段持ち歩くものだけにその行動はスマートフォンにばっちり記憶されており、Googleが収集する情報はかなり多岐、詳細とも言われています。

一方、理由は様々でしょうが、スマートフォンに位置情報の履歴を残したくない、Googleなどと共有したくないという方も結構多いのも事実。

そんな中、Android PoliceにAndroidスマートフォンにおける位置情報を「完全に」オフにする方法が掲載されていたので紹介します。

Android OS搭載機種で位置情報・履歴を完全にオフにする方法

まず、AndroidスマホにおいてGoogleによる位置情報取得を完全に遮断するためには二つの設定をオフにする必要があります。

その2つとは:

・ロケーション履歴をオフ

・ウェブとアプリのアクティビティ

APの説明によると、「ロケーション履歴」はGoogleマップなど、Googleアプリが収集する位置情報データで、これはアプリを使用してない時にも位置情報データは収集されるとのこと。

これについては知っているという方も多いのではないでしょうか。
位置情報を共有したくなければロケーション履歴をオフだけでOK、と思っている方も多いはず。私もその一人でした。

しかし、今回の記事によるとこれだけではダメ。

もう一つの「ウェブとアプリのアクティビティ」はウェブやアプリなどで検索などといった何らかのアクティビティーがあるたびに位置情報がログに記録される、というもの。

私もちゃんと違いを理解しているわけではありませんが、要はこれら2つ両方をオフにしないとGoogleによる位置情報トラッキングは完全にはオフにならない、ということです。

「ロケーション履歴」を「ウェブとアプリのアクティビティ」をオフにする方法

1.「設定」アプリから「Google」を選択

2.「アカウントの管理」をタップ

3.「データとカスタマイズ」のタブをタップ

4.同じ画面内にある「ロケーション履歴」および「ウェブとアプリのアクティビティ」のトグルをオフに