LINE、友達やトークが消える不具合を知りながら「確信犯」アップデート提供か

LINEアプリでまた深刻な不具合が発生しているようです。

複数のiPhone/iOSユーザーから報告しているもので、これによるとLINEをアップデートしたら友達やトーク、グループなどが全て、あるいは大半が消えた、というもの。

この不具合が発生したのは10月7日にiOS向けにリリースされた最新バージョン、9.16.5へのアップデート直後から。

これらはほんの一部でApp Storeのレビュー欄にはおびただしい数の「友達・トーク消失」報告が上がっています。

一方、実はこのLINEでトークや友達がアップデートにより消える、というのはつい先日もあったばかりで、当サイトでもこの件についてお伝えしています。

ただ、当時はiOS13~のアップデートが立て続けに提供されていた時期でもあり、これがiOSアップデート起因なのかLINEアップデート起因なのかは不明でした。

一方、今回の不具合に関しては9割方はLINEアプリのアップデートがトリガーになっていることが確かです。

また、LINEのヘルプページを確認したところ、以下のような記述が:

これ、なんか違和感。

不具合が起こってしまったのは仕方がないとしましょう。
でも、上の内容の記載日は10月1日付で、今回のアップデートがリリースされたのが10月7日

ということは、LINE側は友達やトークが消える不具合をかなり前に認知。そしてまた同じ不具合が発生する可能性を知りながら未修正のアップデートを提供した、という可能性大。

これ、ユーザーによっては先日と今回と短期間に2回も友達やトークが削除されるという被害にあっている可能性もあるわけです。

iOSアップデートが原因の場合は確かにアプリ側でもどうしようもないと思いますが、うーん、これはちょっとひどいですね。

謎なのは同じ不具合が発生する可能性があるのにも関わらず、なぜ新しいバージョンをリリースするのか、という点。

そういえば、今回のLINE最新バージョンでは既読をつけずにメッセージを見ることができる機能が復活しています。

これについてはかなり要望の多かった機能なので、これを急ぐあまり重大なバグを放置という可能性もありそうです。。

これ、まだアップデートをしておらず、友達やトークが消えるのはイヤだが既読をつけずにメッセージを読める機能は欲しい、という方にとっては究極の選択といったところ。

これから最新バージョンへアップデート、というかたはちゃんとバックアップを取ってから行った方が良さそうです。