Xperia超え、4:1縦長ディスプレイ? 次期Essential Phoneの実機がリークか

「Androidの父」として知られるAndy Rubin氏。

同氏が代表を務めるEssential Productが2017年にEssential Phoneをリリースしたのは記憶に新しいところ。

そして今回、このEssential Phone “2”と思われる次期Essentialスマートフォンの実機画像がリークされていました。

あくまで目測ですがディスプレイの縦横の比率は4:1くらい。

ボディーはちょうど一昔前のフリップ式ガラケーを開いたときくらいの比率でしょうか。

既存スマートフォンで最もディスプレイが縦長なのはXperia 1やXperia 5、Xperia 10、Xpeira 8などの21:9ですが、このフォーマットで表すとこの新型Essentialは36:9ディスプレイ、といった感じでしょうか。

カメラは背面と前面に一つずつ。カメラの突起のない部分の厚みは6~7ミリといったところでしょうか。

ちなみに以下は初代Essential Phone↓
File:Essential Phone in ocean depths.jpg

実際に使ってみないと何とも言えませんが、用途によっては非常に使いやすそう。
このサイズおよび比率は盲点だったかもしれませんね。

ちなみにXDAによるとこの新型Essential PhoneはSnapdragon 730、Android 10を搭載する可能性が高いとのこと。

日本でのリリースの可能性はかなり低いと思われますが、非常に気になる存在です。

ソース

コメント

  1. とまし より:

    これはリモコンだよ

  2. より:

    嫌いじゃない、出たら買いそう。
    ハウジングは丈夫な素材で頼む。