iOS 13アプデは要注意、LINEが開かなくなる問題が多発中、動作バグや謎のBluetooth接続要求も

本日iPhone 6s以降の機種を対象にリリースされた最新iOS、iOS 13

FaceIDの認証速度やアプリの起動、Safariの読み込み速度など、いくつかの改善点がある一方で、かなり多岐にわたる不具合・バグも発生している模様。

中でも特に気になるのはLINEの不具合で、iOS 13へアップデートをした複数のiPhoneユーザーより、アップデート後にLINEが開かない・起動しないという報告が上がっています。

このLINEが起動しない、落ちる症状、どうやら最新のiPhone 11シリーズでも発生しているようなので、少なくともストレージの容量不足やアップデートのプロセスに問題があるという訳ではなさそう。

また、一部ではLINE自体は開くものの、動作に不具合が出ているとの報告も。

さらにアップデート後にLINEを開くとBluetoothの使用を求めるメッセージが表示されるようになる模様。

ただ、これに関してはiOS 13で強化されたアプリの権限監視によるもので、おそらくLINEのBeacon(ビーコン)使用許可を求めるもの

よってこれについては不具合ではないと思われます。

ちなみに上記のLINEが起動しない不具合についてはLINEアプリを最新バージョンにアップデートをすることで改善したという報告も。

ただ、iOS 13ではアプリのアップデートが分かりにくくなっているので、一応方法を記載しておきます:

iOS 13でアプリのアップデートをする方法

1. App Storeを起動する
2. 画面右上のプロフィールアイコンをタップ
3. “利用可能なアップデート”に表示される「すべてのアップデート」またはアプリごとに表示される「アップデート」をタップする

追記:LINEが開かなくなる問題の原因について

この一連の不具合、どうやらストレージの空き容量と関係がある可能性が高そう。

というのも、LINEのトーク履歴をバックアップしてアンインストール→再インストールをすれば問題なくLINEが開くというケースが多数報告されています。

しかし、トーク履歴を復元しようとすると復元自体が失敗、もしくは復元できてもLINEを開こうとするとアプリが落ちる、という現象が幾つか報告されています。

一方、この問題はストレージの空き容量が十分にあると発生しないとの報告もあり、iOS13アプデ後もLINEが問題なく使えている(他の写真エラーといった問題は別ですが)模様。

よって、このLINEが開かない問題でお悩みの方は一度、LINE以外のデータで削除、もしくは一時的にクラウド上に移動するなどして空き容量を増やしてみることをお勧めします。