2021年スマホ向けチップのシェア、Mediatekが1位でシェア拡大予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数週間前よりいたるところで報じられるようになった世界的な半導体チップ不足。

スマートフォン向けチップについても、複数のメーカーがチップ供給不足による生産や生産コストへの影響について言及し始めており、おそらく今年の後半からはその影響が徐々に顕著になるのではないでしょうか。

そんな2021年のスマートフォン向けチップのシェアについてリサーチ会社のCounter Pointが今年のメーカー別シェア予測を掲載していました。

まずこちらは2020年および2021年(予想)の各チップメーカーのシェア↓

昨年のスマホ向けチップのシェアでトップとなったMediatekですが、今年はさらにシェアを拡大。2位のクアルコム製チップとの差を広げる見通しのようです。

クアルコムもシェアは拡大見通しとなっており、サムスンやHiSiliconのシェアを奪う形となりそうです。

一方、以下は5G通信対チップのシェア↓

2020年→2021年で順位は変わらないようですが、1位はクアルコム、2位はアップル、3位はMediatekとなっています。

ただ、興味深いのはMediatekのシェアが1年で13%もアップすることが予想されている点。

この勢いだと来年あたりには5Gチップでも世界トップシェアを獲得という可能性もあります。

現在のチップ不足は新型コロナや米中の貿易戦争など、いくつかの要素が重なっているようですが、Mediatekはまだ比較的余力があるためか、Xiaomiなどの大手スマホメーカーも今年後半リリース予定の機種で同社製チップの割合を増やす意向を示しています。

最新小型Xperiaの正体は「Xperia ACE II」間もなくリリースの模様、ケース・保護シートなどの販売が開始
ソニーモバイルが先月正式発表したXperia 1 III、Xperia 5 III、Xperia 10 IIIの3モデル。一方、ソニーのサーバー上情報や有名リーカーのレンダリング画像から、2021年モデルには少なくとももう1モデル、5.5イ

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。