新型Motorolaスマホ「イビサ」は初の5G対応スナドラ400番台チップを搭載、90Hz表示対応へ

スポンサーリンク

Lenovo傘下、モトローラ製のSnapdragon 400番台チップを搭載した新型モデルが発見された模様です。

海外メディアのTechnikNewsが独占情報として伝えたところによると、この新型モトローラ製スマートフォンのコードネームは「Ibiza (イビサ)」で型番はXT2137、実際のマーケティング名は不明です。

一方、同モデルにはクアルコムのSnapdragon 400番台チップ、型番”SM4350”が搭載されるとのことですが、同チップについても正式な名称は不明。

ただ、このチップはXiaomi Mi 11のカーネルソース内でも発見されており、5G通信に対応、さらに90Hzリフレッシュレートにも対応することが明らかになっており、2020年リリースの複数のエントリーモデルに採用されることが見込まれています。

なお、同サイトによるとこのMotorola Ibizaのスペックは:

  • ディスプレイ:720 x 1600 (HD+)、90Hzリフレッシュレート、HDR非対応、OLED「ではない」
  • CPU: Qualcomm Snapdragon SM4350
  • メモリ:4GB
  • ストレージ容量128GB
  • バッテリー容量:5000mAh (Moto g9 playと同一バッテリー)
  • リアカメラ:トリプルカメラ、48MP(標準、サムスン製s5kgm1st)+5MP(マクロ、サムスン製s5k5e9)+2MP(深度センサー、OmniVision製ov02b1b)
  • フロントカメラ:13MP (サムスン製s5k3l6)
  • OS:Android 11

なお、この「イビサ」ですが、型番からでは「Motorola」ブランドなのか「moto」ブランドなのか判別はつきません。
ただ、SD400番台という点からするとミッドレンジブランドのmotoシリーズに属するモデル、という可能性が高そうです。

AQUOS Sense4/lite/basicおすすめケース:かわいい、耐衝撃、手帳タイプ、リング付き
ドコモの2020年冬春モデル、そしてその他複数のMVNOからもSIMフリーモデルとして展開されているシャープのミッドレンジモデル、AQUOS sense4シリーズ。今冬一番の売れ筋となっており、その分ケースの種類も豊富。でもそれだけに自分に

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。