iPhone 12は5.4インチながら4.7インチのiPhone SE 2よりも小さくなる模様

2020年後半の新型iPhone、iPhone 12シリーズ。

今年はiPhone 12、iPhone 12 Max/Plus、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max/Plusという4モデル展開になることが確実視されており、外観についてもいくつか信頼性の高いレンダリング画像がリーク済みとなっています。

そして今回、このiPhone 12の中ではエントリーモデルとなる無印iPhone 12とiPhone SE 2nd Generationの比較画像が発見されました。

iPhone 12についてはおそらくケースメーカーなどから流出した金型だと思われますが、ご覧のようにiPhone SE 2よりも一回り小さくなっています。

なお、今のところの情報ではiPhone 12は5.4インチですが、iPhone SE 2は4.7インチなので、ベゼルが細い分、iPhone 12の方がディスプレイサイズは大きいのに端末サイズは小さい、ということに。

ちなみにiPhone SE 2のサイズは138.4 x 67.3 x 7.3 mm。目視ではiPhone 12の方が5ミリ前後縦幅が短く見えるので、同モデルの縦幅は133ミリ程度、といったところでしょうか。

ただ、厚みについてはiPhone 12の方が若干分厚く見えます。

ただ、これはiPhone SE 2の丸みを帯びたデザインのため、という可能性もあり、実際には大きな差はない可能性もありそう。

なお、こちらはiPhone 12 Pro Maxとの比較だと思われます。

おすすめ記事:

iPhone 12 Max/Proの設計図がリーク、サイズが判明か