2020年版の5G iPhoneにはSnapdragon X55を搭載

来年秋にリリースされるであろう次期iPhone、iPhone 12シリーズ。

同シリーズでは少なくとも一部モデルが2020年版のiPhoneが5G対応すると言われており、これ事自体は有名アナリストなども予測しているとおりすでに確定路線となっています。

しかし今回、この5G対応の次期iPhoneモデルの「中身」についてちょっと興味深い情報がでてきました。

Four people familiar with Apple’s plans revealed that next year’s iPhone 12 series will carry the Snapdragon X55 by Qualcomm.

phoneArenaがNikkei Asiaからの情報として伝えたもので、来年のiPhone 12シリーズにはクアルコムのSnapdragon X55が搭載される、とのこと。

「Snapdragon X55」は初代の「Snapdragon X50」の後継、第2世代5Gモデムで、すでにクアルコムが公式発表済み。

Androidでは2020年リリースのXperiaやGalaxyといったSD865搭載フラッグシップにも採用される可能性が高いと言われています。

前モデルのSnapdragon X50は今年リリースされたSD855搭載かつ、5G通信対応のいくつかの機種に搭載されています。

私は勝手にこのX5シリーズははSnapdragon CPUのアドオン的な専用モデムだと思い込んでいたのですが、そうやらこれは間違いだったようです。

なお、このSnapdragon X55の話は別にしても、一時期(iPhone X~iPhone 11シリーズまで)インテル製に変更されていたiPhoneのモデムは来年からクアルコム製に戻ることはほぼ確実なようです。