Galaxy S10 Liteのスペックがベンチマークで発見

サムスンの未発表モデルでGalaxy S10シリーズの廉価版とされる「Galaxy S10 Lite」のベンチマークがGFXbench上で発見されました。

Android 10搭載でディスプレイサイズは6.7インチ、スクリーン解像度は2400×1080 (FHD+)、CPUはSnapdragon 855、メモリは8GB RAM、ストレージ容量は128GBとなっています。

Galaxy S10 Liteについては過去にGeekbench上で「SM-G770F」という型番でベンチマークが発見されていますが、GFXbenchの方がより詳細なスペックを見ることができます。

なお、ここには記載されていませんがこのS10 Liteは4370 mAhバッテリーを搭載することが確実となっており、これはGalaxy S10+よりもさらに大容量。

なお、このGalaxy S10 LiteはGalaxy A91と同一機種という可能性も指摘されており、国・地域によって異なる機種名でリリースされる可能性も。

また、Onleaks氏によりGalaxy A91/Galaxy S10 Liteのレンダリング画像がリーク済。

新型Galaxy Aシリーズは来週ベトナムで正式発表されることが確定していますが、どの機種、何モデルが発表されるかは不明です。

ただ、ひょっとするとこの際にこのGalaxy S10 Liteについても同時発表という可能もありそうです。

おすすめ記事:Xperia 5とXperia 1ユーザーは「特に」要注意!Android 10アップデートの改悪点