Huawei、Xperiaと同じ21:9ディスプレイのRazr型の縦長フォルダブルを開発中?

先日モトローラが正式発表をした新型フォルダブル・スマートフォン、Razr phone 2019。

昔のフィーチャーフォン時代のRazr Phoneのデザインを踏襲したデザインで縦開きのフォルダブルとしては世界初めてとなります。

そんな中、HuaweiもこのRazr phone 2019と似た構造の縦長フォルダブルを開発中である可能性が浮上しました。

Razr Phoneよりも薄型に見え、さらにトリプルカメラを搭載。(Razrはシングルカメラ)

ただ、Razrと異なり背面にセカンダリースクリーンは搭載していません。

RAZRは前面下部にかなり太めのベゼルがありますが、このHuawei端末はほぼベゼルレスの模様。

Razr phoneのメインスクリーンの画面解像度は2142 x876でアスペクト比では22:9。
21:9のXperia 5やXperia 1よりもさらに縦長の画面ということになりますが、今回のHuaweiモデルは測ってみるとちょうど21:9。

以下はXperia 5との比較↓

実際の端末サイズは不明ですが、比率的にはピッタリといった感じです。

また、Xperia 5の縦幅は158mmなので、同じようなサイズだとすると折りたたんだ時の縦幅は約8センチになります。

もちろん、今回の画像は特許申請資料からのものなので、製品化されるとは限りません。
が、一つの可能性として検討していることは事実だと思われます。

開いたときに正方形に近くなるHuawei Mate XやGalaxy Foldといった横開き型のフォルダブルは正直実使用での利便性が見えにくい部分があります。

一方で、開いたときに既存のスマートフォンと同じサイズ、アスペクト比となる縦開きタイプは少なくとも携帯性という意味でメリットがあると思われます(特にスマホをポケットに入れる場合は)。

ソニーも来年あたり、こんな感じのフォルダブルをリリースしてくれないですかね・・・

ソース

おすすめ記事:国内向けHuawei Mate 30とMate X、5G商用化とともにリリース確実、キャリア版とSIMフリー版の両方を準備中