iPhone 11 Pro Max、初の分解画像から4000mAhバッテリーの搭載が確認

スポンサーリンク

明日、9月20日に発売となる新型iPhoneシリーズ、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3モデル

このうちの上位モデル、iPhone 11 Pro Maxの分解画像が初めて公開されていました。

 

ご覧のようにiPhone 11 Pro Maxのバッテリー容量は3969mAh

これは先に発見された中国認証機関、TENAAからの情報とピッタリ一致しています。

iPhone 11シリーズのスペック、具体的にはメモリとバッテリー容量についてはいくつかの説が交錯している状態でしたが、少なくともこのiPhone 11シリーズ最上位モデルのバッテリー容量についてはこれで確定とみてよいと思います。

また、TENAA上の情報ではiPhone 11の3シリーズはすべて4GB RAMとなっており、バッテリー容量情報がキャリア情報よりもTENAA情報の方が正しかったことが証明された今、メモリについても”オール4GB RAM”が濃厚になってきたと言えると思います。

ちなみにiPhone 11 Pro Maxと同じ6.5インチクラスのAndroidスマホではXperia 1が6.5インチで3330mAh、Galaxy S9+が6.2インチで3500mAh、Galaxy Note10が6.3インチで3500mAhといった感じ。

いままで同世代のAndroidフラッグシップと比べてバッテリー容量が小さめだったiPhone。
それでもバッテリー持ち自体が大きく劣っているということはほとんどなかったと思います。

ということは、Androidライバル機種と同じくらいのバッテリーを搭載したこのiPhone 11 Pro Maxの電池持ちは確かにすごいことになりそうですね。

コメント