Xperia 5のバッテリー持ち評価、フラッグシップXperia史上最高に、Xperia1からも大幅アップ

ソニーモバイルが海外では来月リリース、国内でも少なくともドコモの秋冬モデル(2019年冬春新作)として発売されることが確実な次期Xperiaフラッグシップ、Xperia 5。

このXperia 5のバッテリー持ち評価がGSMArena上に掲載されていました。

Xperia 5のバッテリー評価スコアは96hと79hだったXperia 1からは約2割も電池持ちが向上している、ということに。

ちなみにXperia 5のバッテリー容量は3140mAh、Xperia 1は3330mAh。

ご覧のように通話時間では大きな差はありませんが、ウェブブラウジングや動画再生時のバッテリー持ちが3割以上アップしており、やはりこれは6.5インチと6.1インチというディスプレイサイズだけでなく、4KとFHD+という画面解像度も大きく影響しているように思えます。

また、同じCPU搭載のXperia 1だけでなく、Xperia 5と過去のXperiaとの電池持ちを比較しても:

Xperia 596h
Xperia 179h
Xperia XZ390h
Xperia XZ288h
Xperia XZ2 Premium77h
Xperia XZ2 Compact88h
Xperia XZ182h
Xperia XZ1 Compact108h
Xperia XZ Premium72h
Xperia XZs73h
Xperia XZ72h
Xperia Z5 Premium66h
Xperia Z548h
Xperia Z5 Compact86h

ご覧のように、Xperia 5はXperia XZ1 Compactを除く過去のハイエンドXperiaでは最長のバッテリー持ち、少なくともレギュラーフラッグシップとしては文句なしの過去最長となっています。

およびライバル機種との比較では:

Galaxy Note10+107h
Galaxy Note1092h
Galaxy S9+86h
Galaxy S978h
Zenfone 6112h
Huawei P30 Pro100h
Huawei P3083h
Pixel 369h
iPhone XS Max79h

さすがにここではXperia 5がトップクラスとはいきませんが、それでもGalaxy S9シリーズを上回るなど、バッテリー容量の割にはかなり健闘しているといって良いと思います。

スペック面ではこれといったXperia 1からの進化がなくいまいち魅力に欠けるとも言われているこのXperia 5ですが、この「電池持ち」が最大の違い、と言えるかもしれませんね。

このXperia 5、Xperia 1からの変化に乏しいというネガティブな評価も少なくありませんが、意外と「地味な名機」になるような気もします。