IFA発表の新型Xperiaは「Xperia 5」、Xperia初の5G通信対応モデルも?有名リーカーがヒント

明日、9月5日にIFA 2019でいよいよ正式リリース発表となる新型Xperiaフラッグシップ。

Xperia 2という仮名でいろいろなリーク情報や噂が飛び交ってきたこの次期Xperiaですが、正式機種名が「Xperia 2」になる可能性はかなり低くなってきています。

そんな中、この最新Xperiaモデルの機種名について信ぴょう性の高い「ヒント」がでてきました。

「Xperia」+手というだけの投稿ですが、重要なのはこれが有名リーカー、Zackbucks氏からもの、という点。

さらに同氏はここ数日、「960fps X」でこの新型Xperiaにスーパースローモーション撮影機能が非搭載となること、さらには「Xperia 20 X」という投稿でXperia 20のリリースが中止になったということを示唆する情報をリークしています。

このXperia+5本指の手、普通に考えるとXperia 5もしくはXperia Vを表していると考えるのが妥当ではないでしょうか。

この次期Xperiaの名称については先日リリースされた公式ティザー動画が5からのカウントダウンで始まることから「ひょとしてXperia 5」とお伝えしました。

ただ正直この時点ではただの推測であってむしと外れる可能性の方が高いとすら思っていたのですが、珍しく私の邪推が当たるかも・・・

そういえば、過去にも噂レベルですが次期Xperiaが「Xperia V」になるという情報が出てきたことがあります。

一方、一口に「Xperia 5」といっても、すでにレンダリング画像がリーク済みのレギュラーフラッグシップだけでなく、5G非対応が別に存在するという可能性も。

いずれにせよ、機種名に「5」もしくは「V」が使われる可能性はかなり高まったと言えると思います。

一方、IFAではこのレギュラーフラッグシップの新型Xperiaとは別にXperia 1の5G版が発表されるという噂も。

ただ、国内キャリアの秋冬モデルでは5G対応Xperiaどころか、他メーカーの機種でも5Gモデルが投入されるという噂はないので、いずれにせよあまり関係のない話ですね。