秋冬モデルのGalaxy Note 10はスキップが賢明?Galaxy S11で「見たことのないカメラ仕様」が搭載か

ドコモ、au、ソフトバンクの2019年秋冬新作モデルとしてリリースされるハイエンド機種、と言えばXperia 2こと新型XperiaモデルやGalaxy Note 10/10+。

夏モデルと比べると少なくともフラッグシップ機種の投入数は少なくなりそうですが、意外なメーカーからのハイエンド機リリースがあるとの噂も。(まだかなり信ぴょう性の低い情報ですが)

ただ、この秋冬モデルのキャリア版フラッグシップの一つ、Galaxy Note 10に関しては購入を見合わせ、次期フラッグシップ、Galaxy S11のリリースを待った方が良いかも、というちょっと珍しい情報がでてきました。

Galaxy関連情報のリークで知られるiceuniverse氏がTwitter上に投稿していたもの。

内容としては:

Galaxy S11のカメラは過去に決して見たことない新機能が搭載される。サムスンファンでカメラにこだわるのであればGalaxy Note 10はスキップした方が良い。

見たことのないカメラ新機能、となるとサムスンがXiaomiと共同開発したとされる世界初の108MPイメージセンサー「ISOCELL Bright HMX」が思い浮かびますが、ちょっとひねりがなさすぎるような。

となると、10倍光学ズームやスクリーン下のフロントカメラ、という可能性も?

いずれにせよ、Galaxy好きの同氏がわざわざ最新機種の購入を見送った方が良い、というほど大きな「何か」ということに。

すでにDXOMarkではトップ評価を獲得しているGalaxy Note 10+のカメラですが、これを超える新機能・仕様、ということになりそうです。

コメント

  1. MASS より:

    Galaxy Noteを選ぶ人はS-Penが使いたい人だと思う。Noteは10で終わりという話も以前あったし。