Galaxy Z FlipのDXOMarkカメラ評価、予想通りのイマイチ

スポンサーリンク

サムスンが今年3月にリリースし、国内でもauが取り扱う同社初の縦開きタイプのフォルダブル・スマートフォン、Galaxy Z Flip

このフォルダブル・スマートフォンのDXOMarkによるカメラ評価が掲載されていました。

総合スコアは105ポイント。

Galaxy Z Flipはあくまで「フォルダブル」であることが売りなのでGalaxy S20シリーズなど、同時期のフラッグシップと比較するのはナンセンスかもしれません。

 

ただ、せめて昨年のフラッグシップ、Galaxy S10シリーズくらいの評価は欲しかったような気がしますが、今回のランキングを見る限り、それよりもかなり劣ると言う結果に。

フォルダブルは最新スペックでなくとも通常のフラッグシップよりかなり割高。にもかかわらず同世代のフラッグシップよりカメラ性能が劣るということ。

カメラ性能はもはやスマートフォンの性能の最も重要な点の一つなので、この辺も今後のフォルダブル普及への課題と言えそうです。

ちなみにこのGalaxy Z Flip。その形状からかなり目立つはずなのですが、巷で見かけたことが皆無、というのは私だけでしょうか・・

コメント