Galaxy S20+のカメラスペックが判明、メインセンサーはソニー製12MPのIMX555

スポンサーリンク

2月11日の正式発表まであと一か月を切ったサムスンの新型フラッグシップモデル、Galaxy S20シリーズ

Galaxy S20 (4G/5G)、Galaxy S20+(4G/5G)、Galaxy S20 Ultra (5G)という3モデルのラインナップで、先日このうちのGalaxy S20+ 5Gのものとされる実機画像もリークされました。

そして今回、このGalaxy S20+ 5Gのカメラスペックについての詳細が判明した模様です。

XDAが伝えたもので、どうやら先日の実機画像のリークと同じソースからの情報のよう。

Galaxy S20+ 5Gのカメラ仕様、メインセンサーはソニー製

リアカメラ

・1st (メインカメラ):12MP、1.8μm、ソニーIMX555

・2ndカメラ:48MP、サムスン製 ISOCell S5KGW2

・3rdカメラ:サムスン製  ISOCell S5K2LA

・4thカメラ:不明

フロントカメラ

・ソニー製 IMX374、10MP
このセンサーはGalaxy S10およぼ‘Galaxy Note 10シリーズに搭載の前面カメラと同じtのことです。

なお、メインセンサーのIMX555は昨年の春に「IMX555CQR」という102MPセンサーの存在が明らかになっていますが、これはサイズ的にもデジカメ用のセンサーのはず。
よって、これとは異なるセンサーだと思われます。

ちなみに以前より何度も情報が出てきている108MPセンサーですが、どうやらこのセンサーはGalaxy S20 Ultraのみに5つ目のカメラとして搭載される模様。

よって、この108MPセンサーの有無がS20/S20+とS20 Ultraのカメラ周りの最大の違い、ということになりそうです。

8K動画撮影に対応

なお、以前のリーク情報通りGalaxy S20+は8K動画(30fps)にも対応。

発売時期にもよりますが、これは一応スマートフォン初、ということになります。

Director’s Viewはなし?

Galaxy S20のカメラ関連の目玉機能として注目されているDirector’s View (ディレクターズ・ビュー)。

これは複数のレンズで自動的に異なる被写体をロックして撮影する、という機能で文字通り、プロの動画撮影などで重宝しそうな機能。(昨日は違いますが、コンセプトとしてはXperia 1やXperia 5のCinema Proに似ているかもしれません)

ただ、XDAによるとこの端末上では同機能の搭載は確認できなかったとのこと。

今後のアップデートで搭載か、ひょっとするとGalaxy S20 Ultraのみに搭載、という可能性もありそうです。

ソース

Galaxy S20 Ultraは16GB RAM搭載! バッテリー容量は5000mAh

コメント