Pixel 4の「Soliレーダー」にユーザーはどう映っているのか?

Google純正スマートフォン、Pixel 4シリーズ

同シリーズではSoliレーダーと呼ばれるセンサーにより端末に触れずにいくつかの操作が可能なモーションセンスという新機能が搭載されました。

国内版Pixel 4/4 XLも電波法/技適の関係で発売当初は同機能が無効化されていましたが、数週間前のアップデートで使用可能に。

このモーションセンスが有効化された状態だと、Soliレーダーが常に作動しており、ユーザーの動きを常に察知しています。

となると気になるのはこのSoliレーダー上に自分自身がどのように映っているのか、という点。

今回、Googleが公式ブログ上でこれについて興味深い記事を投稿していました。

以下はSoliレーダーがユーザーの動きをどのように見ているか、というもの。

左: 人が端末に向かって歩いてくる時
中央:人が端末に手を伸ばした時
右:人が端末上で手をスワイプした時

ご覧のように、「何かが動いているな」というくらいで人や顔、手の形は全く認識できません。

Google曰く、Soliレーダーでは物の形を認識せずとも動作を感知する技術が採用されているとのこと。

このPixel 4シリーズの新機能、モーションセンスは興味深い機能ではありますが、いつもスマートフォンに「監視」されているような感覚で落ち着かいない、という声も見かけたことがあります。

ただ、少なくとも今回の「Soliレーダーの視点」を見る限り、プライバシーを侵害するような場面が映っているという心配をする必要はなさそうです。

Xperia Proの価格、Xperia 1 IIより最大3万円高く?発売国・地域は「非常に限定的」