Galaxy Z Flipの公式画像とスペックがリーク、Xperia以上の縦長画面、22:9ディスプレイを搭載

サムスンの2モデル目のフォルダブル・スマートフォンとなるGalaxy Z Flip

横開き(本型)の初代Galaxy Floldに対し、縦開き(貝型)となるこの新型フォルダブルの公式画像およびスペックがリークされていました。

畳むとほぼ正方形。

カメラはデュアルレンズ。

なお、このGalaxy Z Flipは背面に1.06インチ、300 x 116のミニスクリーンが搭載され、カメラの右の横長の長方形の部分がそれだと思われます。

指紋認証センサーは側面に搭載。

ちなみにディスプレイは2636 x 1080とのことなので、アスペクト比に直すと約22:9ということに。つまり21:9のXperia 1やXperia 5よりも縦長の画面ということになります。

Galaxy Z Flipのスペック:

・搭載OS: Android 10 (Samsung One UI 2.0)

・CPU: Snapdragon 855+

・ディスプレイ:6.7インチ、FHD+、2636 x 1080、22: 9 、Dynamic AMOLEDInfinity-O

・セカンダリーディスプレイ: 1.06インチ(300 x 116 Pixel)、 Super AMOLED Always On、Gorilla Glass 6

・メモリL 8GB RAM

・ストレージ容量:256GB

・microSD:非対応

・リアカメラ:12MP f/1.8 78°、12MP f/2.2 123°

・フロントカメラ:10MP デュアルピクセル、f/2.4 80°

・バッテリー容量:3300mAh

・充電:15w (USB)、9W (ワイヤレス)

・サイズ:167.9 x 73.6 x 6.9mm (カメラ部分7.2mm)
画面を閉じた状態のサイズは87.4 x 73.6 x 15.4mm (17.3mm)

・重量:183グラム

なお、別ソースからの情報ではこのGalaxy Z Flipはブラック、ゴールド、パープル、シルバーの4色展開になるといわれており、今回の画像はそのうちのパープルとブラックだと思われます。

同モデルは2月11日にGalaxy S20シリーズと同日発表、14日にリリースされると言われており、米国での価格は1400ドル前後になるとのことですが、今回の情報では1500ユーロとなっています。

ただおそらくこれは外税(米国)と内税(ヨーロッパ)の違いによる部分も大きいと思われます。

ちなみに同モデルはすでにau版SCV47がFCC認証を通過。よって同キャリアの春もしくは夏モデルとして発売されることはほぼ確実です。

ソース