次世代クアルコムのチップ、Snapdragon 670/640/460のスペックがリーク、10nmプロセス採用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クアルコムの次期ミッドレンジ向けCPUチップ、Snapdragon 670、Snapdragon 640、Snapdragon 460のスペックがリークされていました。

SD670はSD660の、SD640はSD630の、そしてSD460はSD450の後継チップという位置づけで、以下がS660およびS630のスペック。

全体的にスペックがアップしているのは当然として、最大の違いはプロセス・テクノロジー。S660/S630が14nmプロセスだったのに対し、S670/640はS835やS845と同じ10nm。

よって、それぞれの前世代チップよりもかなりバッテリーの省エネに期待ができそうです。

ちなみに遅くとも来年の中頃にはこれらのチップを搭載したミッドレンジ機種が発表・リリースされると思います。

また、ここ最近のSnapdragon 6XXシリーズの性能向上はある意味ハイエンド向けのS8XXよりも目覚ましいという印象で、よほどの負荷の高いゲームをするといったパワーユーザーでない限りはこのS6XXシリーズでも十分間に合うという感じ。

さらにバッテリー消費が以前にも増して少なくなるとのことなら、かなり楽しみなチップになりそうですね。

ソース

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。