moto g8とmoto g8 powerのスペックと公式画像がリーク

スポンサーリンク

Lenovo傘下、モトローラの新型moto、moto g8シリーズ。

今回、無印の「moto g8」および「moto g8 power」のスペックがリークされていました。

XDAが信頼できるソースから得た情報をして伝えたもの。

moto g8のスペック:

・ディスプレイ:6.29インチ、HD+(1560×720)、パンチホール、LCD

・CPU: Snapdragon 665

・メモリ:2/3/4GB

・ストレージ容量:32/64GB

・バッテリー容量:4000mAh

・リアカメラ:トリプルカメラ、16MP f/1.7(標準)、2MP f/2.2(マクロ)、8MP f/2.2(118°広角) 

・フロントカメラ:8MP f/2.0

・サイズ:160 x 74mm

moto g8 powerのスペック:

・ディスプレイ:6.29インチ、FHD+(2300×1080)、パンチホール、LCD

・CPU: Snapdragon 665

・メモリ:4GB

・ストレージ容量:64GB

・バッテリー容量:5000mAh

・リアカメラ:クアッドカメラ、16MP f/1.7(標準)、2MP f/2.2(マクロ)、8MP f/2.2(118°広角) 、8MP f/2.4

・フロントカメラ:25MP f/2.0

・167.99 x 75.8mm

ちなみに、両者の外観はほとんど同じとのこと。

ただ、両者同じスクリーンサイズなのにもかかわらず、g8 poweの方が端末サイズは一回り大きくなっています

冒頭の画像は4つの背面カメラを搭載しているという点からしてmoto g8 powerのものだと思われますが、同モデルはg8よりもベゼル(おそらく下部ベゼル)がかなり太くなると思われます。

なお、moto g8シリーズは海外ではすでにg8 plusとg8 playが昨年10月に発表・リリースされており、今回の情報で4モデルすべてがSD665搭載ということになりますが、なぜ今回のg8およびg8 powerと時期がずれているのかは不明。

ただ、先のg8 plus、g8 playがノッチ型ディスプレイを搭載なのに対し、今回のg8、g8 powerはパンチホール型ディスプレイを搭載しており、外見的にはこの部分が最大の違いということになりそうです。

ちなみにモトローラは2月23日に新製品の発表を行うことを明らかにしており、このmoto g8およびg8 powerはこの場で発表される可能性が高いと思われます。

ソース

おすすめ記事:2年ぶりハイエンド、SD865・12GB RAM搭載のMotorola Edge+のベンチマークが発見

コメント