2020年の新型Xperia、機種構成は昨年のXperia 1/Xperia 5と同じに

2020年モデルの新型Xperia

とりあえず、今年前半にリリースされると思われる機種についてはソニーのサーバー情報より4モデルのXperiaの存在が確認されており、1モデルがハイエンド、1モデルがミッドレンジあるいはローエンドとなることは判明していますが残りの2機種については不明です。

そんな中、有名リーカーZackbucks氏が2020年のXperiaモデルの「製品構成」について新たな見通しを投稿していました。

2019年モデルのフラッグシップの「位置づけ」についてで、要はXperia 1は従来のプレミアムXperiaとレギュラーフラッグシップの中間Xperia 5はコンパクトXperiaとレギュラーフラッグシップの中間という位置づけという意味。

そしてこのラインナップ(機種構成)は2020年版のXperiaでも継続される可能性が高い、としています。だと思います。

ご存知のようにXperiaは昨年からネーミングルールやリリースパターン、機種構成を変更していますが、今年も基本的な部分は変わらない、ということに。

ということは今年も少なくともハイエンドのコンパクトXperiaのリリースはないということになります。

また、今年は6つのカメラを搭載した通称「Xperia 0」やフォルダブルXperia、通称「Xperia F」がリリースされるという噂もでてきていますが、今回の情報からするとその可能性はあまり高くないような気もします。

Android 10 (EMUI10)アプデが提供されるHuawei機種の公式リスト、提供時期が判明