Xiaomi Mi 10 5Gのスペックが判明、SD865搭載もRAMはLPDDR4X、ストレージはUFS2.1

スポンサーリンク

中国のスマートフォンメーカー、Xiaomi(小米)。

昨年末に国内でも最初のモデル、Xiaomi Mi Note 10/10 Proをリリースしましたが、今回、同メーカーの最新フラッグシップ、Xiaoimi Mi 10 5Gの詳細スペックが判明した模様です。

Xiaomi Mi 10 5Gのスペック

・ディスプレイ:6.57インチ、90Hz AMOLED、FHD / FHD+ (18:9/19:9)

・CPU: Qualcomm Snapdragon 865, Octa-core, 2.84GHz

・SIM:デュアルスタンバイ

・生態認証:顔認証、ディスプレイ内蔵指紋センサー

・メモリ:12GB LPDDR4x RAM

・ストレージ容量:256GB / 512GB UFS2.1 ROM

・リアカメラ:64 MP (f/1.8) + 12 MP (f/2.2) + 8 MP (f/2.4) + 2 MP (f/2.4) (クアッドカメラ)

・フロントカメラ:32MP + 8MP(デュアルカメラ)

・バッテリー容量:4,500mAh

・サイズ:162.3 x 75.1 x 8.9mm

・重量:204グラム

Xiaomi Mi 10はSnapdragon 865を搭載してリリースされる最初のモデルといわれており、日本でのリリースの可能性も高いといわれています。

ただ、ちょっと意外だったのはメモリとストレージ規格。それぞれLPDDR4x、UFS2.1となっています。

SD865搭載の2020年版フラッグシップはLPDDR5 RAM、UFS3.0搭載が標準になると言われていますが、この感じだとXperiaといった他の2020年版フラッグシップもLPDDR4x、UFS2.1を引き続き採用という可能性がありそうです。

Xiaomi Mi 10 5Gの価格

価格は265GBのベースモデルが約7万円

ドル表記となっていますが、このオンラインストアは中国ベースの会社のようなので、これはあくまで中国価格だと思われます。

新型Xperiaだけじゃない!? 2020年はフラッグシップのイヤフォンジャック復活年か

コメント