Android 10搭載のドコモGalaxy Note 10+ SO-01MがWiFi認証通過

ドコモが2019年秋冬モデル(厳密には冬春コレクション)として展開している新型Galaxyフラッグシップ、Galaxy Note 10+ SC-01M

同モデルがAndroid 10を搭載してWiFi認証を通過していました。

なお、海外のベータ版配信状況からすると、Galaxy S10シリーズに対しては昨日、5つ目のベータ版が提供され、これは最後のベータ版、つまり正式版Andrid 10リリースが間近と言われています。

また、国内キャリア版についてもすでにドコモ版のGalaxy S10+ オリンピックモデルがAndroid 10を搭載してWiFi認証を通過しています。

一方、Galaxy Note 10シリーズについてはまだBeta 2の段階なので、S10シリーズよりはリリースが遅くなることが予想されます。