次期5G Xperiaのプロトタイプ目撃か?3+「巨大」レンズのクアッドカメラ搭載のイラストがリーク

2019年版Xperiaフラッグシップ、Xperia 1およびXpeira 5の後継・後続機として来年のMWC2020での発表が期待されている次期Xperia。

SD865搭載で5G通信に初めて対応したモデルになると言われていますが、その他のスペックや外観についてはまだ信頼性の高い情報はほとんど皆無といった状態。

そんな中、これまた信ぴょう性は不明ながらこの次期5G Xperiaについての興味深い「外観」およびカメラ関連の新情報がでてきました。

Reddit上に投稿されていたものでリンク先の画像はすでに削除されている模様。

プロトタイプを目撃した人物からの情報を元に投稿者が作成した、というイラストらしいので、実物とは色々とズレがある可能性もあるとは思います。

左側に縦長の楕円があり、この部分はXperia 5と似たカメラの配置。おそらくここに3つのカメラが配置されると思われます。

ただ決定的な違いはその右側にかなり大きなカメラレンズらしきものが搭載されている、という点。

投稿者は「何らかのセンサーの可能性もある」と言っていますが、このサイズでカメラセンサー以外のセンサーってなんでしょう。
このイラストが正しければどう考えてもカメラレンズのように見えるのですが。

そういえば先日、かなり出所の怪しい情報ではありますが、次期Xperiaフラッグシップに1インチセンサーが搭載されるという噂もありました。

これだと確かに1インチくらいのセンサーであってもおかしくはないような気もします。

また、これロゴが縦になっているのも興味深いところ。

いずれにせよ、まだ「プロトタイプ」とのことなので例え現時点で正確なものであったとしても今後変更される可能性もあります。

そういえば先日当サイトのコメント欄でXperiaの今後について「スマホ機能付きデジカメにしてしまってカメラコーナーとかにでも並べたら」というコメントがありました。
確かに一般受けを狙うのではなく一部のニッチな層にアピールするのであればいっそのことそれくらい徹底した方が存在感は出るような気はしますね。

おすすめ記事:6カメラの新型XperiaはHOYA望遠レンズ搭載を検討「していた」-開発はキャンセル