iPhone XIのスケマティック(溶接パターン)図がリーク、トリプルカメラは三角形状に配置

今年の9月にリリース発表される予定の2019年版新型iPhone、iPhone XIシリーズ。

この次期iPhoneの概略図(スケマティック)とされる画像がリークされていました。

“Welding Pattern”図とのことなので、おそらく内部の金属製のシャーシ(枠組)部分の図ではないかと思われます。

真ん中に空いた大きな穴はおそらくワイヤレス充電のためのもの。

左上の複数の穴はリアカメラのためのものだと思われます。

一方、以下は数ヶ月前に有名リーカーのonleaks氏がリークしたiPhone XIのカメラ周りのレンダリング画像。

ご覧のように、3つのカメラレンズが三角形状に配置されており、今回の図とも一致。

そして右側に配置されたレンズの上下にある四角い穴2つはLEDフラッシュと何らかのセンサーのためのものと思われます。

ちなみにiPhone XIのレンダリング画像はOnleaks氏からもう1タイプリークされています。

これはiPhone XIシリーズの別のプロトタイプで、同氏いわく最終的にはこのタイプのデザインが採用される可能性もあるとのことでした。

一方、別説としては最初の4角枠の中に3つのカメラが配置されたタイプのiPhoneはiPhone XI MAXでこのカメラレンズが横置きのものはiPhone XIになるという可能性もあるようです。