iPhone 11で欠陥か、リンゴループや勝手に再起動の不具合多発!

先日リリースされた最新iPhone、iPhone 11シリーズPhoneでかなり気になる不具合の報告が増加しています。

具体的には、使用中あるいはスリープ中に突然電源が落ち、端末が勝手に再起動するというもの

また、一部では再起動を数回連続繰り返したり、起動時のアップルロゴの表示画面から再起動を繰り返す通称「リンゴループ」に陥るというケースもある模様です。

iPhoneが勝手に再起動するというのはバッテリー劣化に伴うものが非常に多いのですが、今回の問題に関しては最新のiPhone 11/11 Proシリーズで発生。よって、バッテリーなどは無関係だと思われます。

リンゴループに関してはiOSアップデート時の復元失敗時に発生するケースが多く、実際に復元時のリンゴループ入りの報告があるのも事実。

しかし、今回は一旦アップデートは完了した後、普通に使用を始めた後にも発生している模様なので、メモリ周りなどに何らかの血管がある可能性もあると思われます。

気になるのはこの症状で本体交換の例もでているという点。
となると、何らかのハード的な欠陥があるという可能性も否定できません。

ちなみにこの再起動/リンゴループ問題はiOS 13へアップデートした旧モデルのiPhoneでもないわけではありません。

よって、iOS 13の純正・サードパーティーアプリの処理落ち、バッテリー異常消費、発熱、ネットワーク回りの不具合など、ひょっとすると同じ原因、あるいは互いに悪影響を及ぼしている関連した問題、という可能性もあると思います。

ただ、再起動・リンゴループに関してはまだ発売間もないiPhone 11シリーズでの発生報告が比率的に異常に多いという印象です。

それにしても今回のiOS 13、ここまで不具合の酷いiOSは初めてか、少なくともiOSバージョンが二桁になってからはなかったように思うのですが、いったいどうしちゃったのでしょう。

ちなみに予定通りならば本日未明にはiOS 13.1アップデートが提供されるはず。

致命的な不具合も結構あるので、できる限り改善・修正がされていることを期待しましょう。

コメント

  1. takepuru より:

    私は発売日翌々日に、4Gが度々切れるので、事象を訴えアップルストア名古屋栄に向かいましたが、
    バグだから仕方ないと放置。。
    通信断のあと復帰するならまだしも、一日10回以上の再起動にさすがに我慢できずに、ドコモのSIMを交換したうえで
    ショップの中で初期化させて、再発した為に交換させました、その際にも謝罪など一切なし!
    交換した後にも再発してます、アプリが悪いと想定内の回答を回避するために、
    アプリを一切インストールせずに標準地図アプリで確認したところ、事象が認められました。
    これは明らかに本体の異常かと思われます。
    アップルでの交換対応実績は残せたので、 今後はドコモに対して改善要求する予定です。
    ドコモが公式にこの問題を認めないのであれば、
    返品対応を第一案として求め、これを拒否するのであれば
    HWの不具合ということになるので、再度本体交換を依頼します。
    今後の顛末は責任をもって公表したします。
    結果は責任をもってレポート致します。
    声を上げなければ何も解決しません!!