【悲報】iPhone 11シリーズはPro Maxの最上位機種も4GB RAM、Antutuベンチスコアが発見

昨日から予約開始、20日にSIMフリー版もキャリア版も一斉発売となるiPhone 11シリーズ。

今回はiPhone 11のSIMフリー版が良く売れているような印象を受けますが、気のせいでしょうか。

さて、そんなiphone 11、iPhone 11 Pro、そしてiPhone 11 Pro Maxの3モデルのAntutuベンチマークスコアが発見されました。

iPhone 11のAntutuベンチマークスコア

iPhone 11 ProのAntutuベンチマークスコア

iPhone 11 Pro MaxのAntutuベンチマークスコア

iPhone 11シリーズのAntutuスコアは45万~46万ポイントといったところ。

iPhone 11 Max Proのベンチスコアが若干高くなっていますが、先のGeekbenchでのiPhone 11とiPhone 11 Pro/11 Pro Maxほどの大きな違いではなく、これはおそらく誤差範囲内だと思われます。

一方、iPhone 11シリーズ以外の他のiOS機種との比較

iPad Pro 2018にはかないませんが、前モデルのiPhone XR/Xsシリーズから3割近くもスコアがアップしています。

ちなみにXperia 1やGalaxy S10・Note 10シリーズなど、SD855搭載機種のAntutuスコアは平均30万点ちょっとといったところです。

ただ、GeekbenchのベンチスコアはRAMは常時されますが、ストレージ容量は表示されません。

ちなみに今回の計測結果はWeiboに投稿されていたものですが、いずれのモデルも搭載メモリは4GB RAMとなっています。

先に発見されたGeekbenchのスコア測定結果でも3モデルとも4GB RAMとなっていましたが、Geekbenchではストレージ容量は表示されないので、昨日までの時点では一部iPadのようにストレージ・オプションによってRAMも異なるのでは?という可能性も残っていました。

しかし今回の結果をみると、iPhone 11シリーズの最上位機種モデルであるiPhone 11 Pro Max 512GBでもメモリが4GB RAMと判明。

これにより、iPhone 11シリーズは3機種、全バージョンで4GB RAMがほぼ確実となったと言ってよいと思います。

無印iPhone 11の4GB RAMに対し、6GB RAMだったらiPhone 11 ProもしくはPro Maxを購入しようかと考えていた方にはちょっと残念な結果ですね。

コメント

  1. がみ より:

    コストを下げるために仕方がなかったのでは?

  2. A より:

    Antutuバージョン統一しろ。

  3. より:

    低いな
    ベンチマークですらandroidに負けたか

  4.   より:

    騒ぐほどのもんなの?