Androidでゲームが重い・もたつく・カクつく場合の改善方法

Androidユーザーからの報告をよく見かけるゲームアプリの動作が重くなる、もたつく、カクつく、といった症状。

最悪の場合には瞬間的に画面が止まったり、操作を受け付けなくなるフリーズ状態に陥るということも。

比較的古い機種やミッドレンジスマホなどで多い気はしますが、グラフィック負荷の高いゲームを長時間やっているとハイエンド・スペックの機種ですらこういった問題に遭遇することがあります。

再起動やキャッシュの削除、バックグランドアプリの終了などは良く紹介されており、これらで一時的には改善する場合もあります。が、これらは応急処置的なもので時間がたてばまた再発します。

という訳では今回は私が効果があったと思うAndroidスマホでゲーム動作が思い場合の改善方法をお伝えします。

Androidでゲームの動作が遅い場合の対処法

1.まずは開発者向けオプションを有効に

開発者向けオプションがすでに有効になっている場合はこの部分は無視してください

・「設定」アプリ→下の方までスクロールして「端末情報」

・「ビルド番号」を7回連続でタップ

・設定メニューに戻ると「開発者向けオプション」が表示されています。

2.ウィンドウアニメスケールの設定を変更

・「設定」アプリ→「開発者向けオプション」の「ウィンドウアニメスケール」

・アニメーションスケールを0.5倍に変更

3.トランジションアニメスケールの設定を変更

・「設定」アプリ→「開発者向けオプション」の「トランジションアニメスケール」

・トランジションアニメスケールを0.5倍に変更

4.アニメーター再生時間スケールの設定を変更

・「設定」アプリ→「開発者向けオプション」の「アニメーター再生時間スケール」

・アニメーター再生時間スケールを0.5倍に変更

5.GPUレンダリングの設定を変更

・「設定」アプリ→「開発者向けオプション」の「GPUレンダリング」

・GPUレンダリングを使用をタップし有効化

6.HWオーバーレイを変更の設定を変更

・「設定」アプリ→「開発者向けオプション」の「HWオーバーレイ」

・HWオーバーレイを無効をタップ

注意:HWオーバーレイは無効化をするとゲームの表示や動作がおかしくなることもあります。そういった場合は元に戻してください。