もう一つのiPhone XIプロトタイプ画像がリーク、トリプルカメラ横置きタイプ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年版の次期iPhone

今の所の情報では2018年同様の3モデル展開になると言われておりいますが、今回、有名リーカーのOnleaks氏が別のiPhone XIのものとされるプロトタイプのレンダリング画像をリークしていました。

本格的なデザイン変更は2020年モデルからとのことで、全体的な雰囲気は現行のiPhone Xs、Xs Maxと似ていますが、やはり決定的な違いはカメラ。

ノッチはiPhone Xs/Xs Maxよりもかなり小さめになっています。

また、裏面は一見シングルカメラのようですが、白っぽいリングの両脇にカメラレンズがあり、トリプルカメラ搭載となっています。

白い輪っかはLEDフラッシュでしょうか。

一方、Onleaks氏は先日、トリプルカメラとフラッシュが正方形に配置された別のレンダリング画像もリークしています。

これについては以下の2つの可能性があるとのこと。

 

1.今回のものも前回のものも正確なレンダリング画像で一つはiPhone XI、もう一つはiPhone XI Max。

2.今回か前回、どちらかのプロトタイプはキャンセルされ、片方だけが採用される。

どちらも可能性はありそうですが、無印iPhoneとMaxモデルの両方がトリプルカメラ搭載、というのはちょっと可能性が低いような。

そう考えると直感的には「2」が濃厚かな、という気はします。

ソース:VERSUS

コメント

sumahoinfo.comの管理人、編集者、そしてライターRyoです。
専門知識はありませんが、広く、浅く、読者の方にとって役立つ、そして時にはエキサイティングなスマートフォン関連情報をご提供できるように心がけています。
XperiaからiPhoneまで、数々のスマホを使っていましたが、最近は現在はミッドレンジスマホを中心にメイン機にしています。